静岡市葵区でYNSAを受けられる

はりきゅう誠心堂 15年以上の実績

2004年の開業以来、はりきゅう誠心堂接骨院は静岡市葵区の不定愁訴(自律神経系愁訴、更年期、偏頭痛、頻尿など)へ施術のできる鍼灸院として患者の皆様にご利用いただいてまいりました。当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)を活用し、患者の皆様に症状の改善という結果により、ご満足いただくことを第一に考え、常にトップレベルの鍼灸サービスをご提供いたしております。

 

YNSAと従来の鍼灸の違い

脳や自律神経のシステムエラーに働きかける

 

YNSAはMADE IN JAPANの鍼灸

YNSAとは、山元式新頭鍼療法の略称です。宮崎県の医師「山元敏勝」先生によって考案されたこの技術は、世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な鍼灸法です。脳梗塞・脳出血・麻痺等の中枢性疾患・腰痛・肩こり・膝の痛み・しびれ・めまい・耳鳴りなどの様々な疾患に適用すると世界中で認められています。
YNSAは頭に(正確には頭皮に)鍼をさす鍼灸ですが、鍼灸の祖国の中国でも頭皮鍼は行われています。しかし中国式は複数の流派があり、この疾患にはこのツボというような一問一答式であり、また施術者の技術の差が出やすいとされています。YNSAは、Made In Japanの鍼灸治療法として一貫した理論と実績があります。頭鍼では主に直径0.25mmの非常に微細な使い捨て鍼を使っています。

自律神経の乱れに対応した頭皮鍼

自律神経とは体の自動調整装置として考えられています。

自律神経は交感神経系と副交感神経系という2系統が互いに影響し合っています。

運動しようと筋肉を多く動かす事になる時は自律神経系が優位になり、運動器が活発に動けるように血圧上昇、心拍数上昇、気道拡張、内臓活動抑制がなされます。反対に、リラックスして休憩したり、食事後ゆっくりしているときなどは、血圧低下、心拍数低下、気道収縮、内臓活動亢進など、副交感神経系が優位になります。体を動かそうとすると重く感じ、また眠気が来て睡眠しやすくなります。

日が昇ったら起床し、体を動かす労働をし、お腹が空いたら食事をし、食事後は昼寝、夜暗くなったら就寝する。そういう生活が、自律神経に支配されている身体とって理想的と言えます。しかしながら、現代の社会でその理想は叶わず、長時間の緊張やストレスにさらされ、じっと座ったままの頭脳労働、短時間で食事をし、直後からすぐ休まず働き、帰宅しても家事をしていると就寝は深夜。疲れてクタクタなのに、日中に交感神経系を優位にさせすぎていたせいで、なかなか興奮が収まらず、なかなか寝付けない。寝てもすぐに目が覚めてしまう。


ストレスや緊張で交感神経系が長時間優位になってしまったり、食事後で副交感神経系を優位にしたいのにすぐに運動したり、副交感神経系が優位になる夜に夜更かししてパソコンやスマートフォンを見たりなど、自然の流れに逆らうような生活を続けていたら自律神経に負担がかからないわけがない。結果、自律神経にシステムエラーを引き起こすことになってしまいます。


YNSA(山元式新頭針療法)では、腎(副腎クロム親和細胞)、脊椎(交感神経・副交感神経)、脳点(前脳・脳幹)を基本点とし、その部の状態判定と施術を同時に行います。まさに、自律神経系を整える事に主眼を置いた鍼灸手法だといえます。もちろん、鍼灸では薬剤を使わないので、副作用の心配が無い安全な施術です。また基本的に自然治癒力を引き出すことが得意であるため、鍼灸を続けることで体調は変化をしていきます。

当院では鍼灸師の資格を持ち、YNSAの研修を受けた専門スタッフが対応いたします。ご自身だけでなく、ご家族の皆様の健康相談も受け付けております。お気軽にお声かけください。

スタッフ紹介

はりきゅう誠心堂接骨院が不妊鍼灸が得意な鍼灸院になったのには理由があります。その理由の一つとして、2006年から提携している産婦人科医院から紹介をもらい沢山の症例をこなしていることが挙げられます。また2014年には院長が鍼灸修士号を取得(伝統鍼灸医学、逆子の灸の研究)をしており、婦人科鍼灸に対して深い知識を有しています。

 

院長

鍼灸師、鍼灸修士:榎田誠(えのきだ まこと)

子供の頃、体が弱く、小児喘息やアレルギー性鼻炎、視力弱視などで各種の病院に通院する日々を過ごし、その頃から医療に興味を持つようになった。静岡市内の高校を卒業後、京都にある明治鍼灸大学(現・明治国際医療大学)へ進み、鍼灸学士、卒業と同時に、はり師・きゅう師の免許を取得した。その後、昼間は整形外科で働き、夜間は柔道整復師の専門学校へ通う生活を3年続け、柔道整復師の免許取得を取得。2006年に長女が生まれたのを機に、婦人科治療に力を入れ始めた。現在では、産婦人科医院から年間50~70件の紹介を貰う婦人科の得意な鍼灸接骨院になった。

YNSA(山元式新頭針療法)を取り入れてからは、婦人科領域にも応用し、PMSや不妊、更年期障害の鍼灸施術に活躍している。


略歴

2000年 鍼灸師の国家試験免許を取得
2003年 柔道整復師の免許取得
2004年 鍼灸接骨の専門院として誠心堂接骨院を開院
2010年 (社)静岡県鍼灸師会 理事 就任
2014年 明治国際医療大学 修士課程修了
2018年 (公社)静岡県鍼灸師会 中部支部長

YNSA(山元式新頭針療法)

2017年4月 初級セミナー

2017年12月 中級セミナー

2018年2月 上級セミナー

鍼灸師スタッフ

鍼灸師 深澤香保(ふかさわかほ)

美容鍼灸の専門スタッフとして2016年に入社。中学生の時に美容鍼灸のことを知り、鍼灸の世界に興味を持つようになった。高校で進路を鍼灸専門学校に決め、美容鍼灸を学べる静岡医療学園専門学校に進学し、はり師きゅう師の免許を取得した。
 はりきゅう誠心堂接骨院に勤務しながら美容鍼灸の講習会に数多く参加し、日々、知識および技術を高めている。

 鍼灸をする上でなにかコメントをと尋ねたところ、「私自身が針の痛みに弱いので、患者さんにも痛みを与えない施術を心がけています。」と返答。美容鍼の中では特に痛みの少ない「IKKO式」の美容鍼を得意としている。

営業時間

皆さまのお越しをお待ちしております

月火水金土:9:00〜13:00、16:00~20:00
木曜、日曜、祝日:休業

 
facebook_untitled.jpg

お問い合わせ

日本、〒420-0071 静岡県静岡市葵区一番町39−3

054-253-8513

 
 

054-253-8513

©2018 by はりきゅう誠心堂接骨院. Proudly created with Wix.com